セカンドキャリア選択肢の一つである「就労」。就労の選択肢の一つ「就農」について考察。


セカンドキャリアの選択肢として「再雇用」・「再就職」・「起業」の3つをあげて考察してみました。もう一つの選択肢として「就農」があります。農業や酪農を仕事にするということです。収穫したものをネットで手軽に売買できる時代です。食材にこだわりを持った飲食店との直接契約も可能となりました。この業界も多様化が進んでいることで未経験者でもチャレンジしやすくなっています。幸いなことに若年人材が乏しくセカンドキャリア世代にも大きなチャンスがあります。因みに新規就農者の6割は60歳以上という状況が続いています。また、就農の方法としては、「独立・自営」か「農業法人へ就職」かの大きく二通りがあります。セカンドキャリア世代の大半は「独立・自営」を選択しています。


◆セカンドキャリアの一言メリット

①自由な時間

②自由な仕事内容

③収入アップを狙える


◆セカンドキャリアの一言デメリット

①初期コストが結構かかる

②自然(天候など)の影響を受ける

③自己責任が問われる


◆就農のやりがい

自分で決めた時間と仕事内容で出た成果をはっきりと目にすることができます。地域に根付いた信頼関係によって人としての喜びが味わえます。そして地域を守っているという誇りがやりがいとなります。

閲覧数:6回0件のコメント