利他愛のパワー

更新日:2021年12月23日



来月12月に実施される受験対策講座(zoom)をお手伝いしてほしい旨、キャリコン養成講座のM同期生から連絡が入った。てっきり国キャリだと思い込み、二つ返事で快諾するや2級キャリアコンサルティング技能士とのこと。これはまいった。リベンジでギリギリ合格の私にはちょっと荷が重い。でも、考えようによってはリベンジならではの気づきもあったと思うし、何か伝えられることがあるかもしれないと思い、快く返答したことに満足した。

そもそもMさんからのお声がけには快く応じたい訳もあることだし・・・


このMさんは、5歳ほど先輩で現在生命保険会社で障碍者雇用を担当されている。

とにかく人の面倒見の良さには当初から驚ろかされたもんだ。

自主勉強会の開催、資料の共有、打ち上げ会やら様々な音頭を取って我々同期生たちを盛り上げてくれていた。人付き合いの良さという点ではMさんの右に出る人はそれほどいないと思う。毎度の酒にもよく付き合ってくれた。明日、自身のロープレ試験があるにもかかわらずおかまいなしで飲み会を楽しんだ翌日の試験では見事な結果を出していた。国キャリも2級キャリアコンサルティング技能士ともに一発合格、あっぱれである。

現在は、養成講座の講師を務めながら1級にも挑戦中である。


自分の幸せと同じくらい他人の幸せを願って行動できる人は、物理的には勿論のこと心の満たされかたが半端なく、喜びで行動できるパワーが漲るようですね。Mさんの行動を見ていて本当に見習うべきことだと思います。「利他愛」・・・我々が生きて行きやすくなる為の重要キーワードかもしれません。自分さえ良ければという場面が、一日の生活の中でどのくらいあるでしょうか? 一度、朝起きてから寝るまでにどんなことがあったか記録してみることにします。


先日、ある方のご自宅に行ったときにこんな文言が壁に掛けられていました。


『○○家の家訓、友だちは宝物』


これも心に響きました。


                               by imazumi



閲覧数:3回0件のコメント