新年早々あらたなチャレンジを決定、    セカンドキャリア・アドバイザー


新年早々、キャリア本を読んでいて知った「セカンドキャリアアドバイザー」。

セカンドキャリアアドバイザーは、中高年世代の方が、自分らしく前向きなセカンドキャリアが実現できるよう支援する専門家とのこと。人生の転機やキャリアチェンジに直面した時に、より良い第二の人生が切り開けるようサポートする。この講座では、多様なセカンドキャリアの選択肢の知識やキャリア診断などのスキルの習得が可能で、さらに、ライフプランニングやキャッシュフローの見直しなど幅広い知識が身につき、自分のキャリア形成にも役立ちそうだ。善は急げ! 早速通信講座を申し込んだ。


国家資格キャリアコンサルタントの養成講座を申し込んだ時も丸の内「丸善」で問題集を衝動買いしたのがきっかけだった。自己流のやり方に頼っていては、継続的な成長ができないと思った。プロフェッショナルとして生涯現役で続けるつもりなので成長できる土台作りの必要性を感じた。チャレンジした後、いろんな挫折と屈辱を味わうことになったが、こういった経験もセカンドキャリア人生の通過点として味わっておくことも必要、と言うか味わう勇気を出さないといけない。今こうして経験しているすべてのことがキャリアコンサルティングの質を高めてくれ説得力が増した実感がある。机上で学習する理論と現実社会での実践で経験したことの全てをわかりやすく伝えることが今の課題だ。


年末大晦日まで頑張って実施した2級キャリアコンサルティング技能士の受験対策勉強会。

早速、新年早々の本日2日から開始された。みな気合が入っている。今日もファシリテーター&先生を務めさせてもらった。こういった養成講座の先生を務めるにも自身の試験の失敗挫折経験、サラリーマン時代の屈辱的経験、リストラ、起業独立、離婚・再婚、親の介護・・・余計な報告をしてしまった汗笑。そして今経験しているいろんな現場での実践キャリアコンサルティングが受験生にやる気を起こす刺激になっているような気がしている。


「セカンドキャリアアドバイザー資格」最短4カ月ほどで資格試験をパスすることが可能みたいですが・・・さて、机上の学習を積んでリアル現場にどんな種類の工具を増やせるのか楽しみです。私の学習理論と現場経験の両輪を回して、普通に働いている普通のみなさんが現実社会で笑顔で生活していく為の方策を一緒に立てましょう!


さっき、青木羊耳(ようじ)さん著の本をAmazonで求めて数冊注文しました。

この方は60歳で「新しい自分」に生まれなおし(名前変更)、現在90歳現役で活躍されている産業カウンセラー&講師です。

私はまだ56歳のひよっこ若造、今年も新しい目的・目標を持ってチャレンジします!


                                  by imazumi