セカンドキャリアっていつごろから叫ばれるようになったのか?

更新日:3月14日


いつ頃から「セカンドキャリア」を考えるようになったのだろうか?

恐らく15年ほど前だとそれほど真剣に考えている人はいなかったと思う。

私の起業当時10年前でもあまり耳にすることは無かった。

私の親世代(昭和10年代生まれ)になると定年は55歳。今の私(56歳)は既に定年(^-^;


学校を卒業して終身雇用・年功序列の会社で働いて定年退職になったら会社員は卒業。

年金生活が始まり、ちょっとしたアルバイトをしたり趣味で隠居生活を送る毎日・・・

たった一代違うだけでこれほど大きく変わるものなんですね。

「サザエさん」一家の年齢見るとイメージが湧きます。

 ・フグ田サザエ 24歳

 ・フグ田マスオ 28歳

 ・磯野波平 54歳

 ・磯野フネ 50ゥン歳 

  ※公式大図鑑、公式HPでの設定、Wikipedia等では52歳と紹介されている。

私も学生時代は「サザエさん」のような家庭になることを描いていました。


しかし、時代は変わって平均寿命もぐっと延び、1980年代には丁寧の引き上げで55から60歳への努力義務をしていたというのに、今や70歳まで働き続けられるようにすることが努力義務になりました。


さて、これからどんなことが問題となりクリアしていんなけれはせならないのか?

その②に続けることにします。


by imazumi

閲覧数:3回0件のコメント