行動で描かれるキャリアデザイン


社会人経験には関係なく、定年退職した方も新人さんも・・・動機やきっかけはともかくとして、あまり難しく考えずに出会った仕事に取り掛かってみる。それが面白いかつまらないかもさておき、とにかくしばらく続けてみる。仕事には必ず源流があり幹があって枝葉があってまるで植物の構造と同じように見えてくる。しかもどれもが主役になっている。どれかが欠けていても成り立たない仕組みが見えてくるのが面白い。だから何となく出会った仕事であったとしても、その流れの中にはめちゃくちゃ感動出来たり嬉しくなれることがたくさんある。自分の価値観に合った発見ならもう少し調べてみる。関心が高まったら直接出向いて見に行ってみる。


ワクワクする発見や出会いはこうして生まれます。このような行動をしているとキャリアデザインは描かれていきます。気になったこと、思いついたことを面倒くさがらずにちょっとだけ行動してみる習慣から、小さな島がいくつか現れそれが知らず知らずにつながっいき、ちょっとした大陸が現れるイメージです。


キャリアデザイン・・・何が出来るのかしたいのか好きなのかも大切ですが、

何が自分に合っているのかを発見できることがもっと大切かもしれませんね。

少し調べて情報得て行動してみることで、輝くチャンスに巡り合えるわけですから、

この体験をこれからも続けていこうと思います。




3回の閲覧0件のコメント